icon_reread
また読みたい
フォロー
海のオーロラ(1)
時は紀元前1644年エジプト新王国第18王朝―――貧しいながらも一生懸命生きている少女ルツ。何度も見る不思議な夢、占い師に言われた運命・永遠の人の意味とは?レイという青年との出会いによって、ルツの中の忘れていたなにかが動き出す……時空を越えた愛の物語がここに!!
海のオーロラ(2)
ライラの侍女となったルツは、女王の臣下の一人、セムトの陰謀による王子トトメスの殺害を狙った毒の盃を口にしてしまう。毒にたおれたルツは、生死をさまよう中、前世の記憶を取り戻す。夢の謎が解け、すべてを思い出したルツだったが……
海のオーロラ(3)
反女王勢力の旗を翻す王子トトメスに力を貸し、ある計画を実行していたレイたちだったが、ルツが女王の兵に捕らえられてしまう。女王の不信感をはらすため、レイはルツを拷問にかけることとなってしまい……!?
海のオーロラ(4)
エジプトからの独立をかけて戦うべく、エルトニアへと向かったルツとレイ。エジプト軍の攻撃にエルトニア側は苦戦を強いられていた。王トトメスのルツへの愛は、日増しにルツとレイへの憎しみに変わっていった。愛を貫こうとするルツとレイの間に復讐に燃えるトトメスが立ちはだかる!!
海のオーロラ(5)
時は流れヒミコの統治するヤマタイ国時代―――海のそばの小さな村に暮らす少女ルツは、ある日海から流されてきた異国の少年レイを見つける。レイには前世の記憶が残っており、出会った時からレイはルツのことを想い続けていた。共に成長してゆく二人だったが、ある日、村からさしだすヒミコへの貢物として、ルツが選ばれる。一生巫女として神殿につかえなくてはいけないルツ、村に残されたレイ。時を越えてめぐり合った二人は……
海のオーロラ(6)
1933年ベルリン―――研究者を父に持つユダヤ人の少女ルツと、その研究仲間を母に持つ日本人の少年レイ。二人は兄弟のように育った。しかし、次第にナチスが横行しユダヤ人排斥が行われる。政府の政策としてユダヤ人は特別地区(強制収容所)へと連れて行かれ、ルツの父も強制連行される。ルツの身にもナチの手が伸び、レイはルツを守ろうとするのだが……
海のオーロラ(7)
劣悪な収容所にもレイへの愛を生きる力に変え耐え抜くルツ。そんな中、連合軍の上陸により事体は一変、どよめきたつドイツ軍。ルツのいる収容所にも政府からの退却命令が出た。そこへ連合軍がやってきてドイツ軍と攻防戦となる。連合軍の中にはレイの姿が!!1945年5月ドイツ無条件降伏。ながかった大戦はおわりをつげる。悲しい歴史と共にルツとレイの物語は……