icon_reread
また読みたい
フォロー
快感フレーズ(1)
「お前…俺にどんな感じで抱かれたい?」――。作詞オーディションに応募しようとしていた女子高生・雪村愛音(ゆきむら・あいね)は、作詞した原稿「堕天使の呪縛」を風に飛ばされて失ってしまう。そしてふとしたことで知り合った大河内咲也(おおこうち・さくや)から、超人気バンド・ルシファーのコンサートに招待された愛音は、そこで「堕天使の呪縛」が咲也によって歌われているのを耳にする。詩の才能を見出された愛音は、ルシファーの専属作詞家になるのだが、咲也からエッチな詩を書くように迫られて……!?
快感フレーズ(2)
「俺をこんな気持ちにさせて、悪い女だな」――。超人気バンド・ルシファーの専属作詞家となった女子高生・雪村愛音(ゆきむら・あいね)は、大河内咲也(おおこうち・さくや)の指名で、ルシファーの過激な新曲プロモーションビデオの相手役となって裸にされてしまう。そして、お互いに惹かれあう咲也と愛音は恋人同士になるが、咲也の異母兄であるラルフ・グレイザーが現れて……!?
快感フレーズ(3)
「お前は俺だけのものだ」――。ついに結ばれた大河内咲也(おおこうち・さくや)と雪村愛音(ゆきむら・あいね)。しかし、咲也の異母兄であるラルフ・グレイザーは愛音を奪おうと、咲也を監禁して麻薬漬けにする。そんな咲也を救うためにラルフの女になった愛音は、咲也がアメリカへ旅立つと知って、空港に向かうのだが……!?
快感フレーズ(4)
「だまって俺を愛してろ…」――。ドラマで大女優の佐倉綾子(さくら・あやこ)と共演することになった大河内咲也(おおこうち・さくや)。ふたりの関係に心が揺れる雪村愛音(ゆきむら・あいね)だったが、咲也が愛音をスキャンダルから守るために、綾子に接近していたのだと知る。しかし綾子は、咲也たちの部屋で自殺未遂を起こして……!?
快感フレーズ(5)
「お前を俺に振り向かせてみせる」――。死んだ妹・由美(ゆみ)にうりふたつの雪村愛音(ゆきむら・あいね)に惹かれる、人気バンド「ジーザス」のボーカリスト・智之(ともゆき)。そして由美を愛していた智之は、愛音に催眠術をかけて自分のものにしようとする。しかし大河内咲也(おおこうち・さくや)は、愛音を智之のもとから連れ去って……!?
快感フレーズ(6)
「すべての痛みはいつか、俺が快感に変えてやる」――。関係を公にして絆を深めていく大河内咲也(おおこうち・さくや)と雪村愛音(ゆきむら・あいね)。そんな時、愛音の体調に変化が起こり、妊娠の可能性が!?思い悩む愛音に咲也は……!?一方、デビュー曲の作詞を合根雪彦(あいね・ゆきひこ)に書かせようと考えた新人アーティスト・D=エレメントが……!?
快感フレーズ(7)
「お前だけを、ずっと探してた」――。雪村愛音(ゆきむら・あいね)を陥れたD=エレメントの美月(みづき)は女だった。それを知った大河内咲也(おおこうち・さくや)は、所属事務所から女であることを利用されそうになる美月を助ける。しかし美月は、咲也を好きになってしまい、愛音へ「絶対に負けない!!」と宣戦布告して……!?
快感フレーズ(8)
「お前の心ごと、裸にしたい」――。暴漢に襲われた大河内咲也(おおこうち・さくや)をかばって、胸に傷を負ってしまった美月(みづき)。責任を取って「美月を守る」と言い出した咲也にショックを受けた雪村愛音(ゆきむら・あいね)へ、咲也の異母兄であるラルフが接近する。そして咲也に拒絶された美月は、ラルフと手を組んで……!?
快感フレーズ(9)
「俺の独占欲で縛りつけられたいのか?」――。街中にあふれる雪村愛音(ゆきむら・あいね)のポスター。それは新進気鋭のカメラマン・徳川京(とくがわ・きょう)の仕業であった。そして徳川と対峙した大河内咲也(おおこうち・さくや)は、お前にいい写真なんか撮れやしないと断言する。しかし徳川は、いい写真が撮れたら、愛音を芸能界にデビューさせると言い出し……!?
快感フレーズ(10)
「お前が一番感じる言葉を言ってやる…」――。ルシファーの写真集を撮ることになった新進気鋭のカメラマン・徳川京(とくがわ・きょう)は、一枚だけメンバーには秘密の写真を仕込んでいた。そして、雪村愛音(ゆきむら・あいね)にちょっかいを出して、大河内咲也(おおこうち・さくや)に殴り倒された徳川は、不敵なセリフを……!?