icon_reread
また読みたい
フォロー
それぞれの甲子園(1)
甲子園…それは高校球児たち憧れの聖地。ベンチ入りすら出来ずに最後の夏を過ごしていたマモル。マモルは、地方大会決勝で内角に球が投げられなくなったエースのため、ひたすらバッターボックスに立たされることになり、モルモットのモルという屈辱的なあだ名まで付けられてしまう。そのかいあって最後の夏にベンチ入りを果たしたマモルは最終回バッターボックスに立つことになった。その時、監督がマモルに出した指令とは…。「モル」他4編を収録した短編集。
それぞれの甲子園(2)
甲子園…それは夢を与えてくれる所。平凡に生き教師になり、情熱もなく野球部の監督になった男。しかし、甲子園を目指す2人の少年に後押しされるように、自らの熱い思いを取り戻していく。「夢」他2編を収録した短編集、第2弾。
それぞれの甲子園(3)
甲子園…それは様々なドラマが紡がれる場所。4番を争っていた沢木と矢口。共に強打者ではあるが、内角に弱さを持つ沢木は3番になってしまう。矢口が、3番の役割をこなしていた沢木を揶揄したことをきっかけに、沢木は4番につなぐ野球をしなくなってしまう。意地を張り続ける2人がピンチにとった行動は…。「三番」他3編を収録した短編集、第3弾。