reread
また読みたい
フォロー
鉄の王(1)
日向鉄雄(ひゅうが・てつお)16歳は、まっすぐに生きてきた。盟友の草薙樹(くさなぎ・いつき)とふたりで生きてきた。困った人を見ると、ほっておけない性格で、そのせいで変な目に遭うことも多いけど、まあ、楽しく生きてきた。その鉄雄の人生が暗転するとき、突如、左手に異変が起きる。いやおうなく、巨大な暴力を手にした鉄雄。それは、天地を揺るがす宿命の戦いの幕開けだった……!!今、その手に、神が宿る。
鉄の王(2)
太古より繰り返されてきた、神とあやかしの最終決戦が始まる!左手の力に呑まれ暴走する鉄雄(てつお)を止めたのは、鉄雄の眷属であるクラスメイトの4人組だった。鉄雄は彼らと行動を開始し、阿修羅刑事・阿南(あなん)に狙われた鬼の少女を救う。そんな鉄雄の前に立ちはだかったのは、“風の長”・皆方武(みなかた・たけし)だった!!
鉄の王(3)
警官隊を率いて学校を占拠した阿南(あなん)警部こと阿修羅を倒した鉄雄(てつお)と樹(いつき)。妖怪たちの王と認められた鉄雄は、日本を襲う「神」「天使」と称する者どもとの決戦に挑むため、イメージを具現化させる特訓に明け暮れていた。「鉄の王」の真の力が目覚める時、世界の存亡を懸けた最後の戦いが始まる!!