reread
また読みたい
フォロー
幕府隠密の影丸が訪れた葉山の里は、大凶作に見舞われていた。しかし領主は年貢を緩めようともせず、このままでは一揆が起こるのも時間の問題だ。名主の娘・胡蝶は飢え死にを待つか、父を見殺しに一揆を起こすか、決断を迫られる!「影丸と胡蝶」長屋の前で子供達に、関ヶ原での武勇を語るこの男・伊庭陣左衛門。彼は口ばかり達者な、ほらふき陣左である。臆病者の陣左だが、想いを寄せるお春のためには意地を見せる!?「ほらふき陣左」など、全8編の短編集!!