あらすじ

隻眼の忍者・猿彦(さるひこ)の協力の下で、出世していく西村勘九郎(にしむら・かんくろう)。美濃に起こった大洪水の猛威に恐れをなした領主・土岐頼芸(とき・よりあき)は、勘九郎へ稲葉山城を譲って大桑城に引っ込む。しかし、それに反対する揖斐五郎(いび・ごろう)と鷲巣六郎(わしず・ろくろう)は兵を挙げて、稲葉山城へ向かっていく。猿彦はそんな彼らに対して奇襲戦法を……!?勘九郎と猿彦は美濃の国を手に入れることができるのか?怒濤のクライマックスを迎える完結巻。