reread
また読みたい
フォロー
打撃王 凜(1)
「俺は日本一の投手になるから、お前は日本一の打者になれよ!」転校続きのいじめられっ子、中村凛の人生を変えた運命のホームラン。6年前にやっちん(安永隼人)と交わした約束を信じて、凛は思い出のグラウンドに帰ってきた。が、再会したやっちんはチームメイトの裏切りにあい、すっかり変わっていた……。「かつての名門」緑南シニアの奇跡が始まる!全ての野球少年に勇気と希望を贈る、夢のホームラン伝説、ここに開幕!
打撃王 凜(2)
チームメイトの裏切りにあい、野球をなかばあきらめかけていた友、やっちん(安永隼人)のため、凛は勝負を挑む!相手はやっちんを見捨てて、緑北シニアに移籍した強打者・寺嶋。そんな凛のひたむきな姿に、やっちんは次第に野球への情熱を取り戻す。そして、凛&やっちんの黄金バッテリーが完成し、猛練習に励む緑南に初の練習試合がやってきた。相手はなんと因縁の緑北シニア(1年生)!?いざ、試合開始!
打撃王 凜(3)
因縁の緑北シニア(1年生)に勝利を飾った緑南。しかし、敗者である緑北の時期エース・服部優吾には過酷な運命が待っていた。見かねた凛は服部に手を差し伸べるが……!?そして、緑北と緑南、両チームが雌雄を決する夏の全国大会までいよいよあと一ヵ月。ナインに一人足りないままの緑南の前に、新たな仲間候補が現れる。それは、安永俊人(やすながとしき)、やっちんの弟だった──!?
打撃王 凜(4)
シニア日本一を決める、日本選手権予選・夏季関東連盟大会が始まった!1回戦の相手は強敵・桐生西シニア!しかし、控え室でチームの紅一点・後藤を侮辱され、怒りに燃える緑南が猛攻撃を開始。1回表、早くも先制点を挙げる。落ちこぼれの集まりと侮っていた緑南に先制され、頭に血ののぼった桐生西・円谷(つぶらや)は、計略を練る。9人ぎりぎりの緑南、「もしも万が一」試合中のアクシデントで一人でも退場したら……?
打撃王 凜(5)
夏季関東連盟大会1回戦で、桐生西シニアを5回コールドで下した緑南。2回戦の相手は、やっちんと並ぶと称される剛球左腕のエース、稲葉龍太郎率いる浜松中央シニア。やっちんが肘の痛みで先発できず、投手・服部で試合はスタート。1回表、早くも緑南に劣性ムードが漂う。しかし、4番・凛の放った超特大投手フライが稲葉を震撼させる。バットをつきつけた凛、稲葉に宣戦布告!暴君・稲葉の裏の裏をかき、緑南の反撃が始まる!
打撃王 凜(6)
剛球左腕・稲葉の渾身のストレートを、凛が特大ホームランを放ち、緑南が勝利をもぎ取った夏季関東連盟大会2回戦。波に乗り、3回戦をも突破する緑南だが、その目に映るのは、宿敵、最強軍団・緑北。キャプテン・やっちんとの約束を破り、緑北へ移籍した裏切り者たちは、いまや完全無欠の常勝軍団となっていた。圧倒的な実力の差を見せつけられた緑南ナインは……!?
打撃王 凜(7)
圧倒的な緑北の実力に対抗すべく、猛特訓を開始した緑南。そしていよいよ夏季関東連盟大会5回戦、いざ緑北との決戦の舞台へ──!そんな時、緑北の主砲・寺嶋と偶然出会った凛に、衝撃の真相が明かされる!一年前、やっちんの信頼を裏切り、絶望のドン底へ陥れた緑北移籍事件。その中心人物・寺嶋の口から語られたのは……?緑北VS緑南、両者決戦の刻(とき)が、ついに幕を開ける!!
打撃王 凜(8)
ついに始まった緑南シニアVS緑北シニア戦!1回表、やっちんと寺嶋の対決は互角に終わるが、1回裏、緑北の油断をつき、さらに凛の粘りのバッティングで緑南が2点を先制!しかし、控え投手を降板させ、マウンドに立ったのは、エース・中根雄翔。その恐るべき能力を緑南ナインに見せつける!譲らぬ両エース!打ち崩すのは寺嶋か、それとも凛か!?そして、やっちんと寺嶋の直接対決の行方は……?
打撃王 凜(9)
緑南シニアVS緑北シニアの大一番もいよいよ終盤戦に突入!6年前の約束を果たすため、約束を信じ続けてくれた凜に恩返しするため、右肘の痛みに耐え快投を続けるやっちん。「あいつなら何とかしてくれる」──。3-3で迎えた6回裏、やっちん執念の二塁打で出塁。絶好の勝ち越しのチャンス到来、勝利へのバトンは受け取った!!バッターは4番・仲村凜。ここで打たなきゃ男じゃないぞっ!
打撃王 凜(10)
限界はとうに越えた!!軋み続けたヒジは、もう悲鳴をあげる事すらできなくなった──。それでもエース・やっちんは、あと一つのアウトを取るため、マウンドに立ち続ける。チームの勝利のため、因縁を振り払うため、そして何より凜との約束のため……。日本一の打者・寺嶋武則に投じる、日本一の投手・安長隼人、運命の一球は──!?エース・やっちんの馳せる想い、爆ぜる執念!因縁の決戦、最高潮!!