reread
また読みたい
フォロー
おざなりダンジョンTACTICS(1)
ゴンドワナ大陸とローレシア大陸間で戦争が勃発。ローレシア共同体は「断絶弾頭」と呼ばれる兵器の発射実験を行おうとしていた。その着弾予定地の掃討に出ていた地上部隊を待ち受けていたのは、レジスタンスグループの首領として手配されていたモカだった!!待望の「ダンジョン」シリーズ作品、ついに開幕!!
おざなりダンジョンTACTICS(2)
ゴンドワナ大陸とローレシア大陸間で戦争が勃発する中、モカたちはレジスタンスグループ「バンデット・カフェ」として活動していた。モカは、戦争の最前線・ロシモフ王都へ潜入中のファルコとトビ・アズサを捜すため潜入するが、そこには敵勢力に操られたふたりの姿が……。陰謀蠢く「鉄壁の断層編」!!
おざなりダンジョンTACTICS(3)
大陸間戦争勃発から7ヶ月。「バンデット・カフェ」では、モカとキリマンが、いたずらちびっ子魔導師3人組を追いかけていた。ところが、3人組が転送秘術の第一人者で、現在行方不明のタンホイザーの研究所に乗り込み、その研究成果を狙うローレシア軍に目を付けられてしまったことから、モカたちも戦いに巻き込まれて……!?
おざなりダンジョンTACTICS(4)
ゴンドワナ連合軍がローレシア軍のアバターに苦戦しているその頃、モカ、ブルマン、キリマンの3人はローレシア大陸に渡り、捕虜収容所ミッドガルドに侵入しようとしていた。目的は「バンデット・カフェ」の一員の救出。その人物とは、伝説ともいわれる大盗賊・ネロ――!?
おざなりダンジョンTACTICS(5)
侵入したローレシア大陸で、共有頭脳・ライノゲアの中に白竜ナーガを見つけたモカは、その後「バンデット・カフェ」を率いて、ゴンドワナ連合軍とともにローレシア軍と戦っていた。だが、戦闘のさなか、モカたちの乗る高速戦艦・エスプレッソが突如暴走をはじめる!一方で、この戦争にマジック・アカデミーが介入しようとしていた――。世界を巻き込み、事態は風雲急を告げる!!
おざなりダンジョンTACTICS(6)
白竜ナーガによって進化した共有頭脳・ライノゲアを抹消し、世界を正しく保とうとするマジック・アカデミーが、歴史の粛正に動き出した。ゴンドワナ連合軍とローレシア共同体は同盟を組み、モカを総司令官としてアカデミーに立ち向かう。だが、同盟の作戦を指揮するため、ナーガと入れ替わりにライノゲアのコアとなったギルド総帥・エルザに、大きな異変が……!?世界の命運をかけたTACTICS』、ついに完結!!