あらすじ

“東洋のローマ”ことインドのゴアに到着した使節団一行。見るもの全てが新しい街に歓喜する晴信(はるのぶ)に対し、戦場からは程遠い平穏な日々に厭く桃十郎(ももじゅうろう)。主従の契約が切れる“一年(ひととせ)”が迫る中、晴信は街で居合の達人に出会う。自らを“さむらい”と称する男は、晴信を主と仰ぎ、士官を申し出た。一方その頃、桃十郎の前に現れたのは、追いかけ続けていた「あの男」にそっくりの将だった――!!