icon_reread
また読みたい
フォロー
JA~女子によるアグリカルチャー~(1)
野沢家の決まりごと。それは姉妹達で野菜作りをすること──。私、野沢ひなげし、小学6年生。パパが再婚して東京からこの農村に引越してきました。初めての農作業は大変だけど、初めての姉妹達と一緒に頑張ります☆
JA~女子によるアグリカルチャー~(2)
根腐れによる大失敗を乗り越え、ようやく育ったひなげしの枝豆。果たして美味しく収穫できるのか…?ここは信州・小川村。四姉妹農業スローライフコメディ第2弾!水着回もあるよ!(レンコン掘りだけど)
JA~女子によるアグリカルチャー~(3)
採れすぎた野菜を「ふるさと市場」で直売することになった四姉妹。しかし、市場初参加の彼女たちの前に、「神4(フォー)」と呼ばれる売り上げベスト4店舗が立ちはだかる!はたして野沢家の野菜は売れるのか!?
JA~女子によるアグリカルチャー~(4)
今日は楽しい焼き芋大会。しかし、そんなイベントでもクラスで孤立しているりんご。原因は、りんごと諏訪先生との怪しい(?)関係にあるようで…。クラスメイトに問い詰められたりんごが放った、衝撃の一言とは!?妃ちゃんも再登場で夜露死苦!な第4弾!!
JA~女子によるアグリカルチャー~(5)
とある冬の日、事件は野沢家のビニールハウス内で起こった。犯人捜しに燃えるひなげしは、シイタケ農家を営む綾ちゃん家で起こった事件の顛末を思い出す。果たして、犯行は同一犯によるものなのか!?次女・繭の初恋(!?)も動き出すガールズ農業コメディ第5巻!!
JA~女子によるアグリカルチャー~(6)
野沢家長女・社と、大日方家のご令嬢・黒姫。一見正反対の二人が、なぜ親友になり同じ農耕部に属することになったのか?桃にまつわる小学生時代の秘話が、いま語られる。そして、ついにひなげしが信州名物“おやき”作りに挑戦する第6巻、おいしく実りました!!
JA~女子によるアグリカルチャー~(7)
小川村に、垢抜けた都会的な女性がやってきた。茅野ヒカル18歳。そんな彼女は、なんと芸能人だった!!大人気モデルでもあるヒカルが村に来た理由とは!?りんごと諏訪先生の校外バトルも勃発する、ホッカホカの第7巻!!
JA~女子によるアグリカルチャー~(8)
ひなげしは自分が収穫した野菜を使い、カレー作りに初挑戦!!野沢家のカレーには思い出深いエピソードが!?信州・小川村を舞台に、農業を通して成長する姉妹たちの物語、ついに完結!!