Another 1巻
26年前、夜見山北中学にミサキという生徒がいた。一年生の頃から周囲の人気者だったが、クラス替えで三年三組になったミサキは急に事故で死んでしまう。だが、人気者の突然の死を受け入れられない同級生たちは“ミサキは生きている”フリをし続けた。ところが卒業式の日…、集合写真に実際にはいるはずのないミサキが写っていたという…。そして――。
Another 2巻
中間試験を間近に控えた放課後、二十六年前の話を持ち出すとクラスメイトの雰囲気ががらりと変わった。いないものとして扱われ始めた恒一は───。
Another 3巻
「いないもの」として見崎鳴と過ごす恒一は、クラスで二人だけの時間を少し心地よく感じていた。しかし、三年三組の呪いによりまた次々と死者が出ることとなり…。
Another 4巻
夏休み、三年三組で始まってしまった呪いを止めるため、咲谷記念館での合宿をすることになった恒一たち。驚愕の真実がついに明かされて行く。