あらすじ

「いないもの」として見崎鳴と過ごす恒一は、クラスで二人だけの時間を少し心地よく感じていた。しかし、三年三組の呪いによりまた次々と死者が出ることとなり…。