また読みたい
フォロー
中学野球の名作「キャプテン」の続編にあたる、初代キャプテン・谷口タカオ(たにぐち・たかお)の高校進学後の活躍を描いた熱血スポーツコミック。墨谷高校に入学した谷口は、中学時代に全国大会で優勝を果たした試合での負傷が原因でボールが投げられなくなり、墨高野球部の練習をただ眺める日々を送っていた。そんなある日、サッカー部キャプテン・相木(あいき)に勧誘された谷口は、サッカー部へと入部するのだが……!?
ボールが投げられない弱点をバウンド送球でカバーした谷口タカオ(たにぐち・たかお)の奮闘によって、2回戦に進出した墨谷高校野球部は城東高と対戦することに。そこで城東高の先発として投球した松下(まつした)は、かつてチームメイトだった谷口の実力を知るあまり、彼との対決で緊張してしまいエース・藤井(ふじい)へと交代する。しかし谷口は、藤井の速球をも打ち飛ばして……!?
3回戦で野球の名門・東実高と対決した墨谷高校野球部は、二回表で5点もリードされてしまい、予定より早く谷口タカオ(たにぐち・たかお)をマウンドへ送る。そして谷口の繰り出すフォークボールは東実高の猛打線がおさえ込んでいくのだが、墨高ナインも東実高のエース・中尾(なかお)の剛速球に翻弄されてなかなか得点できずにいた。そんな中、フォークボールを投げ続けていた谷口に疲労が出始めて……!?
強敵・東実高に九回表で7点を奪われながらも、なんとか粘って6点差にまで追いついた墨谷高校野球部。そこで疲労困憊ながらも底力を見せる谷口タカオ(たにぐち・たかお)の奮闘をきっかけにして、快打を連発させる墨高ナインはどんどん得点を追加していく。そしてついに東実高と2点差に迫り、二死満塁で3番打者の山口(やまぐち)の打球がセンターへ飛んでいくが……!?
新たに加わった倉橋(くらはし)の提案で、甲子園に出場経験を持つ強豪・川北商業高と練習試合をすることになった墨谷高校野球部。そこで圧倒的な実力差を見せつけられて動揺する墨高ナインは、川北打線の短所を知る倉橋のリードに任せてみるが、どんどん点を奪われてしまう。そして先発投手の中山(なかやま)と倉橋が喧嘩してしまい、指の手術後であまり投げ込んでない谷口タカオ(たにぐち・たかお)が投手に……!?
有望な5人の新入部員が加わって練習に熱が入る墨谷高校野球部。しかし一生懸命すぎてムチャしてしまうナイン達を心配した谷口タカオ(たにぐち・たかお)は、河川敷で皆を休憩をさせてザリガニ取りを楽しむ。そんな時、城東高の野球部マネージャーに練習試合を申し込まれて快諾した谷口は、以前よりも成長した城東高を相手に新入部員達を起用して……!?
全国大会東京都予選の3回戦でシード校の大島高と対戦した墨谷高校野球部は、初回に2点を先取し、谷口タカオ(たにぐち・たかお)の好投で大島打線を0点におさえていく。そして六回裏、谷口は新入部員・松川(まつかわ)とピッチャーを交代し、それを4回戦の準備だと考えた大島ナインは、シード校のプライドを揺さぶられて頭にきてしまい……!?
全国大会東京都予選の4回戦、シード校の聖陵高を相手に4点差をつけられてしまった墨谷高校野球部。そして最終回、疲労を見せるエース・岩本(いわもと)からヒットを連発させた墨高ナインは、交代したリリーフの木戸(きど)から労せず1点を得る。しかし再びマウンドに立った岩本の好投で、1点を追加するもツーアウトにまで追いつめられた墨高だったが……!?
5回戦に勝ち進んだ墨谷高校野球部は、優勝候補である専修館との対戦で圧倒的なパワー差に初回で1点を先取されてしまう。しかしそれ以降は、谷口タカオ(たにぐち・たかお)の好投と守備陣のファインプレーで0点に抑えていくが、八回表に疲れが出始めた谷口が専修館打線につかまり1点を追加される。そこで専修館のエースを打ち崩そうと考える谷口は、東実高の偵察メモからバッターの立ち位置に注目して……!?
夏の大会でベスト8入りを果たした墨谷高校野球部は、三年生部員の送別会で野球部OB会から河川敷の広いグラウンドを週二回一年間使える権利をプレゼントされて歓喜する。その後、三年生部員4人が抜けてからの墨高ナイン新編成を考えていた谷口タカオ(たにぐち・たかお)は、中学時代の後輩・丸井(まるい)が墨高に編入するという連絡を受ける。そして翌日、練習に参加した丸井はひそかに自主練習していた成果を見せて……!?