reread
また読みたい
フォロー
喧嘩寿司~元祖すし職人 華屋與兵衛~(1)
世界の寿司ブームの原点はこの男にあり!! その名は華屋與兵衛!! 時は文政の江戸時代。庶民には人気の寿司ではあったが、「押し寿司」「馴れ寿司」という、料亭などでは「駄物」と馬鹿にされ低く見られていたものだった。そんな時代に、寿司で天下を取ろうとする男が現れた。その男・與兵衛が発明した常識破りの寿司こそが江戸前の「握り寿司」!!
喧嘩寿司~元祖すし職人 華屋與兵衛~(2)
江戸の食文化を大革命!! 江戸前の握り寿司を発明した男、その名は華屋與兵衛!! 時は文政の江戸時代。寿司で天下を取ろうとする男・與兵衛 江戸の有名料亭に鰹の握り寿司で勝負を挑むなど、與兵衛の握り寿司は庶民のあいだで大人気!! だが、まだまだこれで満足する男ではなかった!! 「江戸前の握り寿司」をひっさげ、與兵衛はさらに突っ走る!!
喧嘩寿司~元祖すし職人 華屋與兵衛~(3)
時は文政の江戸時代、庶民には人気の寿司ではあったが、料亭では「駄物」と馬鹿にされ低く見られていた。そんな時代に寿司で天下を取ろうと常識破り、掟破りで突き進む男がいた。その名は華屋與兵衛! そして與兵衛発明の「握り寿司」は一躍大評判。しかし世の中そんなに甘くない。次々と立ちはだかる商売敵や難題に、與兵衛、どうする?
喧嘩寿司~元祖すし職人 華屋與兵衛~(4)
時は文政の江戸時代。当時、料亭では「駄物」と馬鹿にされていた寿司で天下を狙う男がいた。その名は華屋與兵衛! 「握り寿司」を考案し、その型破りの技・味が江戸市中で大評判に。ついには料理の本場・京都「上方寿司」との対決にも勝利し、絶好調の與兵衛。だが、そこに新たな刺客と罠が…? 痛快時代劇グルメコミック、第一部完結巻!!