icon_reread
また読みたい
フォロー
戦国武将烈伝 斎藤道三
油屋から身を起こした“松波庄五郎”。美濃国の守護・土岐家の執権をしている“長井長弘”に仕官して戦功を挙げ、“西村勘九郎”となった。その後、女狂いの“土岐頼芸”の家臣へと出世して頼芸の側室“深芳野”を嫁に迎えた。戦国の怪物“斉藤道三”。息子の“義竜”に殺されるまで、野望とセックスに邁進した戦国の風雲児!