icon_reread
また読みたい
フォロー
木枯し紋次郎
親友の身代わりとして島流しの刑となった渡世人の男。しかし、親友の残酷な裏切りが判明した時から男の人生は変貌を遂げた。いまや仇敵となったかつての親友を殺すため、男は島抜けに参加する…。楊枝を咥えたその男、人呼んで“木枯し紋次郎”!