あらすじ

君枝と綾香、二人の女性との恋心に悩む船場の成績は悪くなる一方で、大学進学への情熱は冷めるばかり。無目的にだらだら予備校に通うことをやめた船場は、製パン工場で働くのだが、やはり気持ちは宙ぶらりんのまま。そんな折、工場で知り合った阿木正義から野球を誘われた船場は、クラブチーム「ビギニングス」の練習に参加して、東京で初めて燃えるものに出会えたと感じるのだった。汗と涙に感動する完結巻。著者デビュー作「2度目のSCHOOLDAYS」収録。