icon_reread
また読みたい
フォロー
55歳の地図Again(特製ネームブック)
2003年夏、著者の黒咲一人は家財道具を売り払い、全てをなげうって「リストラ漫画家」として四国のお遍路を自転車で這いずりまわった。そして、帰京後、縁があって紀行マンガとして描いたのが『55歳の地図』。それから6年後の2009年夏、還暦を迎えた黒咲は、東京・有明ターミナルのフェリーに自転車で乗り込もうとしていた。目的地は、もちろん四国!!やがて、黒咲は『55歳の地図』にも描いた、一心さんや旅で出会った仲間と再会を果たすのだが…、そこには衝撃の事実が待ち受けていた!!※本書は絵日記として著者が「ジャポニカ学習帳(自由帳)」に描いたネーム(ラフスケッチ)を電子書籍化したものです。
55歳の地図Again~虹の峠から~(特製ネームブック)
2010年初夏、黒咲一人は高知県吾川郡山中にある廃屋で二人のホームレスと共に暮らしていた。今度の旅の目的は、「物件探し」!!手ごろな物件を見つけて、快適な田舎暮らしをしながら、近所の子供たちにマンガの描き方を教えられたら…。「オマケの人生を精一杯生きるため」黒咲が夢見た田舎暮らしだったが、そこには余りにもハードな毎日が待ち受けていた!!波乱の日々を描いた「貧乏老人の悪あがき」てんまつ記。※本書は絵日記として著者が「ジャポニカ学習帳(自由帳)」に描いたネーム(ラフスケッチ)を電子書籍化したものです。