あらすじ

抗いようもなく恋に落ちる日が、自分にもいつか来る。そう信じてきた──南米の小国エストラニオの影の支配者といわれるシウヴァ家の総帥となって一年九ヶ月。十八歳になる蓮は、よき理解者で側近でもある鏑木の献身的な庇護のもと、多忙な日々を送っていた。けれど、シウヴァという圧倒的な権力と、その中心である存在ゆえに、蓮は同世代の友人をつくることもできず、まだ恋も知らずにいた。そんな蓮にとって、鏑木は数少ない心を許せる相手であり、鏑木と過ごした十六歳のある一夜を忘れられずにいた。この気持ちがなんであるのかはわからない、でも、鏑木には自分のそばにいてほしい──そう願う蓮と、主従としての一線を越えないよう距離を置こうとする鏑木の間には溝ができてしまう。そんなとき、ある事件が起きて!?