戦争めし
兵隊さんと戦地ゴハン。戦時下のお寿司屋さん。餃子と引き揚げ兵。激動の時代の中で生まれた感動の“食エピソードたち”。昭和初期の“グルメ”を“食漫画マスター”の魚乃目三太がほんわか温か~く描く珠玉のオール短編物語。
戦争めし(2)
海軍兵士と洋食ディナー。インパール作戦とおでん悲話。疎開した鰻のタレ。特攻の島で生まれた黒糖焼酎など。平成の今に繋がる“明治~昭和初期のグルメ”を“食漫画マスター”の魚乃目三太が心を込めて描きます。
戦争めし(3)
今回は漫画界の巨匠・ちばてつや先生の「満州引き揚げめし」や「戦中の大相撲めし」など綿密な取材を行ったスペシャルなエピソードを収録。食を繋いだ感動の“食物語”たち……。読むと、愛しい気持ちでいっぱいになります。
戦争めし(4)
遠き海に散った特攻兵と少年の「食べ物」を通じた友情ドラマ。出征前夜の息子に母が届けた最後の食材とは…!? 描かれるのは昭和ニッポン人の逞しさと清らかさ。「感動の食物語」短編6話収録。
戦争めし(5)
シベリア抑留を5年体験した元憲兵の実話、戦艦大和・元通信兵のお菓子の思い出、etc.…。優しくて胸が一杯になる珠玉の「短編めし物語集」!!
戦争めし(6)
今回のメインは長崎取材体験記。「長崎原爆」×「戦争めし」×「潜伏キリシタン」の3つのキーワードを軸に感動の実話物語が紡がれます。あの夏から75年…。戦争体験者の声を直に聞き大切な事実を丁寧に優しく描き集めた短編集。すべての世代に捧げたい“昭和初期の食物語”……。
戦争めし 7巻
今回のメインは『繋ぐ』をテーマに紡がれる『愛知県豊橋市 私立 桜丘高等学校』編!! 『戦争めし』を読んで平和学習に取り組んでいる同校の現役高校生と作者・魚乃目三太との奇跡のコラボ企画が実現。そして、生徒達との交流から戦時中に同校の女学生に起きた悲劇(豊川海軍工廠と奉仕活動と大空襲)の事実を知り、涙あふれる物語が紡がれていきます。他には戦後直後に日本で発祥したと云われる『ナポリタン』誕生秘話や、戦地に出征した軍犬と兵士の食べ物エピソードなどが収録されます。
12/09(木)まで
読める!
また読みたい
フォロー