あらすじ

阿羅太と伊純は双子の兄弟だ。そして、人間の姿はしているが、鬼だ。生まれつき人間に嫌われるオーラをまとう赤鬼の阿羅太は、嫌われオーラを持たない青鬼の伊純を羨ましく思っていた。しかし鬼社会では、青鬼は、赤鬼によって差別されていた。青鬼差別の事実をはじめて知った阿羅太と伊純。二人に芽生えた無意識下での負の感情が兄弟の絆を、巧妙に浸食する。蔑む、妬む、閉ざす……2種類の鬼と人間がぶつかりあう異色の喜悲劇!!