あらすじ

「警察から無作為に(強制ともいう)選ばれた一般市民」によって結成された、年齢も性別も、そして犯罪への意識もバラバラな5人のチーム。彼らは悪人を捕まえることができるし、あまつさえ彼ら5人の多数決によって「有罪かどうかまで」決めてしまえる、という画期的な制度がスタートしたのだ。…と、こう書くと、なんだかカッコイイけれど。実際にスタートしてみると、これが予想以上に大変だし、かえって「正義って何なのか」が、どんどん分からなくなっていくんです。