あなたの言葉に溺れたい 恋愛小説家と淫らな読書会
「あなたがこの作品に出てくる女性なら、どういう風に感じるのか教えてほしいんです」小夜子は読書好きの地方公務員。ある日彼女は、書店で艶っぽい雰囲気の大人の男性・鏡二と知り合う。カフェで偶然再会し、しだいに親密になっていく二人。やがて鏡二は自分がスランプに陥っている小説家だと告白し、スランプを脱出するために小夜子に自分の書いた官能小説を朗読して欲しいと頼む――。
また読みたい
フォロー