icon_reread
また読みたい
フォロー
Dの魔王(1)
大日本帝国陸軍中尉・佐久間は、参謀本部からスパイ養成所“D機関”への出向を命ぜられる。そこでは“魔王”と呼ばれる凄腕スパイ・結城中佐のもと、語学、変装、暗号術、はたまた金庫破りや拷問演習に至るまで、軍人への教育とは思えない訓練が課せられていた。そんなD機関のあり方に、筋金入りの軍人である佐久間は戸惑いを隠せなかったが…!?(ジョーカー・ゲーム/第1話)
Dの魔王(2)
“魔王”結城中佐の指導下、日本陸軍の“影”として諜報戦で目覚ましい戦果を上げる[D機関]――常に「できて当然」という圧倒的な自負を抱え、命賭けの任務にこそ達成感を覚える“D”のスパイは、海を越え、世界を舞台に暗躍を始める。イギリスを舞台にした「ロビンソン」を完全収録。原作とは違う、英国スパイマスターvsD機関スパイとの命がけの駆け引きは必読!
Dの魔王(3)
「Dの魔王」堂々完結巻となる本作。昭和13年、戦局はますます不安定な様相。陸軍内でも特殊諜報機関の有用性が声高に論じられる。必然的に陸軍諜報員養成所[D機関]の精鋭スパイ達は、陸軍の“闇”を担う存在としてさらなる責務を果たすこととなる。然して、その“闇”は、常人には、複雑で、歪で、狂気だった。悲しきD機関のスパイの生き様を描く第3集。「XX」での小説とは違う感涙必至のラストは必見です!!