また読みたい
フォロー
幼い頃の悪夢を振り切り、水籠村で結婚式を挙げることになった絲子。そこで見たのは、自分そっくりに作られた「人形」だった。人形はなぜ作られたのか?村人が話す、青の母とは何なのか?村の忌まわしき因習に引き摺られ、絲子は再び悪夢の世界へ…。人間と人形が交錯する村で、悲運に抗いし女性の物語。
水籠村での婚儀の際にドブメと呼ばれる化け物に襲われた、新郎の冬弥と新婦の絲子。瀕死の状態となった冬弥を見た絲子は気を失い、再び目覚めたときに見た自分の身体は「人形」だった。冬弥を助けるべく逃れた山中の小屋で、絲子は生気のない数多くの妊婦たちに遭遇する。女たちの身体を使い行なわれていた悪魔の所業。いまここに「青の母」の正体が明かされる。
魂を人形に移されてしまった絲子は願う。元の身体に戻りたいと。しかし、それを拒絶するかのように、かつて絲子だった身体は笑い出した。母であるドブメを救いたいと願うすずめ。呪われた過去に縛られながら生きる空木。それぞれの思惑が錯綜するなか、絲子の夫・冬弥が動く。
夫・冬弥によって絲子は破壊された。フクロウはバラバラになった絲子を抱え、すずめとともに冬弥の前から退く。冬弥は大きな闇と負の感情で己れの目的のために行動する。絲子は何のために生まれたのか。ただ冬弥に利用されただけなのか。謎が解き明かされる、運命の最終巻。