icon_reread
また読みたい
フォロー
カブキの不動(1)
東洋一の歓楽街に小さな不動産屋があった。ヤクザ、ホスト、風俗嬢、キャッチ、外国人、ホームレス…。様々な事情を抱えた、ワケアリな人間たちが住居を求めてその店を訪れる──。店主の名は不動大介。カブキの不動と呼ばれる男!家賃、敷金、礼金、ペット、騒音、事故物件、ゼロゼロ物件…。知られざる不動産業界の実情を描き出す!
カブキの不動(2)
新宿歌舞伎町──東洋一の歓楽街で不動産屋を営む一人の男がいた。虚飾に満ちた美悪の街で、必死に生きる人間達。ヤクザ、ホステス、キャッチ、ホームレス、外国人…。そんな人々を相手に、男は“住”と“人生”を提供する。『不動不動産』の不動大介。“カブキの不動”と呼ばれる男!
カブキの不動(3)
新宿歌舞伎町――眠らぬ街。宴が止まぬ街。暴力が踊る街…。そんな欲望の宝島を根城にする、一人の男が居た。男の名は不動大介、“カブキの不動”と呼ばれる男!ヤクザ、ホスト、風俗嬢、外国人、ホームレス…不夜城に生きる男と女…そのリアルな生態を完全描写!