また読みたい
フォロー
Mac、iPod、iPhone、iPad…世界を変え、世界を作った企業・アップルコンピュータ。今から約30年以上前、その中心にいたスティーブ・ジョブズとスティーブ・ウォズニアックは、まだ無名だった。二人の武器は圧倒的な向上心と探究心、そして遊び心。向かうところ敵だらけ、障害だらけの1970年代のシリコンバレーを舞台とした二人の革命に浸れ…熱狂せよ…!!
アメリカ西海岸――スティーブ・ジョブズとスティーブ・ウォズニアックという2人の”天才”に引き寄せられメンバーが次々と集結・アップルコンピュータは遂に船出した。一方、アメリカ東海岸では――世界最高学府ハーバード大学の学生が、驚異的なプログラムを書き上げる。「すべての人々に、遍く言葉を――」。彼の名前はビル・ゲイツ。スティーブ・ジョブズの終生のライバルとなる男である――!!
ジョブズとウォズたちの自信作・Apple2が順調に売り上げを伸ばし、活気に溢れるアップルコンピュータの面々。しかしジョブズだけは違った――― 常に未来の革命を信じる男にとって、現状は物足りなさすぎた。日々、苛つくジョブズ。そんな彼に“上司”が現れる。アップルコンピュータ初代社長、マイク・スコット。彼のミッションはジョブズの“父親代わり”をやることーー果たして? そしてジョブズと恋人・クリスアンとの壮絶な行く末がアップルコンピュータを巻き込んでゆく―――!!
Apple2の大成功に伴い拡大の一途を辿るアップルコンピュータ。しかしジョブズは、好景気に湧く社内において徐々に自分の居場所を無くしていった。そんなジョブズはウォズを頼ろうとするが、互いに見ている“未来”の光景が少しずつズレ始めてしまい… そして台頭する新勢力に押され、ジョブズは徐々に“ダークサイド”に墜ちてゆく――! そんな窮地の最中、ジョブズはIT最高峰の研究所・PARCでIT界屈指の研究者、アラン・ケイたちが開発した“運命の技術“と出会うことに――!?
巨大企業・IBMが遂にパーソナルコンピュータ市場への参入を決める。そしてアップル社の命運を賭けた新商品“Apple3”が発売を迎えるも、厳しい結果が… 混乱する社内でジョブズがとった行動は!?
最大のライバルであるビル・ゲイツにまんまと出し抜かれたアップルのMacintoshチームだが、スティーブ・ジョブズはただでは起き上がらない… 彼が魅せる一世一代のプレゼンとは!? 壮大かつ圧倒的痛快IT大河ドラマ、遂に完結!!