あらすじ

▼第1話/木ノ崎にて ▼第2話/’98年十大ニュース ▼第3話/フリマわされて ▼第4話/食べ放題のワナ ▼第5話/百鬼夜行バス ▼第6話/ゼスチャーのススメ ▼第7話/斬られ役の心得 ▼第8話/トラベル・メーカー ▼第9話/ゲームの達人 ▼第10話/夜桜グルメ ▼第11話/幻の右! ▼第12話/修学旅行は夜 ▼第13話/人事を尽くして ▼第14話/競馬の祭典 ▼第15話/玄人、パスタに感動 ▼第16話/オレに歌わせろ ▼第17話/男だらけの写生大会 ▼第18話/合コンのど素人 ▼第19話/高級旅館への道 ▼第20話/修行が足りん! ▼第21話/死のロード ▼第22話/倍南の文明開化 ▼第23話/ある日、せっせと ▼第24話/星に願いを ▼第25話/公道の死闘 ▼第26話/のんびりさせて ▼第27話/当てなき予想 ▼第28話/ツイてる男 ▼第29話/’99年十大ニュース ▼第30話/いでよ初日の出 ▼第31話/ストーブリーグ ▼第32話/ケータイ狂騒曲 ▼第33話/招かれざる客 ▼第34話/ひとりでラブホテル ▼第35話/バイアン・リサイタル ▼第36話/別れの局 ▼第37話/お手軽ドーピング ▼第38話/バスタイム・パラダイス ▼第39話/一列渋滞 ▼第40話/人ごみをかわせ ▼第41話/NG対象 ▼第42話/草野球の神様 ▼第43話/攻略本攻略法 ▼第44話/早朝の刺客 ▼第45話/倍南、ラスベガスへ行く ●登場人物/南倍南(みなみ・ばいあん。年齢、出身地、経歴、正体など一切不明。食文化にはじまって、あらゆることの“玄人(プロ)”と自負する男。凄腕の玄人雀士と自分では思っている)。 ●本巻の特徴/倍南によるグルメ指南、下関編と博多編を収録。また巻末には描き下ろし実録マンガ『馬券でひとりごと』も収録している。