reread
また読みたい
フォロー
ねこはだいたい二足歩行!超オーソドックスなねこ、こはなは二足歩行で人語を解し、ささかまやクッキーが大好き。セーラー服を着ているようにも見えますが、多分これが地毛のようです。頭がやや大きいのでバランスは悪いですし、食い意地も張ってますが、基本いいこねこです。飼い主あっちゃんや、ボロアパート星雲荘の変な住人達とこはなの、ほんのわずかドラマチックで、結構ささかまな日々。
春はこはな。やうやう白くなりゆくセーラー、少し喋りて、二足で立ちたる猫の細く夏服たる。夏は猫。常の頃はささかま。闇もなほ、くわいだんのおほく飛び交いたる。また、ただ一つ二つなど、ほのかにうち残りていくカリカリはお菓子。クッキーもお菓子。秋は夕猫。夕日のささぬ台風いと近うなりたるに、あきらの寝どころへ行くとて、二つ三つの変人八神管理人など食い急ぐさへあはれなり。冬はつとめ猫。雪の降りたるは……
ねこのこはなとその飼い主・売れないSF作家のあっちゃんは、変人の巣窟 星雲荘で暮らしている。毎日コスプレ三昧の管理人さんや意外と常識人の八橋親子、猫の仲間もいっぱい増えてこはなとあっちゃんの日常はさらに珍妙なものに!! 猫とSFにまつわるハートフルボッコ(主にあっちゃんが)ストーリー!
売れっ子SF小説作家を目指すあっちゃんと人語を話す二足歩行の飼い猫 こはな。彼らが住む奇人変人怪人だらけのアパート 星雲荘は、日常とはほど遠い。怒ったり、しょげたり、笑ったり。ここにいれば、退屈なんてさよならだ! あっちゃんとこはなは、出会った時から今までも、これからもずーっと一緒。一人と一匹の物語、完結!