また読みたい
フォロー
好きな女の子にフられた中学3年生の白波瀬歩。その夜、彼は公園で失恋を忘れるかのようにトランペットを吹いていた。と、そこへホルンの音が…。音楽に魅せられた美しきホルン奏者・芹生百合子は、エッチ的特異体質だった!!高校のブラバン部を舞台に巻き起こる、笑いと涙の官能的協奏曲!!
芹生は村雨と「花のワルツ」を演奏中、曲にノルあまり、村雨にキスしてしまう!それを見ていた白波瀬にどうしてそんなことをしたのかと問いただされて、落ち込む芹生。実は、以前にも「ボレロ」を演奏していて踊りだしてしまったことがあるというのだが…。
東部地区吹奏楽研究発表会へ出場した根戸ヶ谷高校吹奏楽部。顧問の代わりに指揮をする芹生だったが、タクトを服にひっかけ、乳が丸出しに!しかし、芹生は、それにも気づかずタクトを振り続けるのだった。
音楽室の使用権を巡って、合唱部顧問・高柳の前で演奏することになった吹奏楽部。助川は芹生の暴走を止めるため、背後に隠れ胸をもみまくる。だが、演奏は上手くいかない。そして、高柳は「明日までに荷物をまとめておくように」と言って、部屋を出ていってしまった…。
全日本吹奏楽コンクール県大会予選。自分たちの演奏を終えた根戸ケ谷高は、他校の演奏を聴いていた。そして、いよいよ結果発表。結果は金・銀・銅の3つに分けられ、金賞を取れば、県大会本選への出場を果たせる。根戸ケ谷高の結果は!?