icon_reread
また読みたい
フォロー
トリガー(1)
人気コンビ・インパルスの板倉俊之が書いたハードアクション小説をコミック化!近未来、射殺許可法が制定された日本で、各県に1人ずつ選ばれる「トリガー」たち。それぞれの信念に従い、≪悪≫と判断したターゲットに、彼らは弾丸を撃ち込む!「国王」編、東京、千葉、静岡の「トリガー」編を完全収録。
トリガー(2)
近未来、国王制となった日本において、「射殺許可法」が制定された。各都道府県に1名ずつ配置された「トリガー」たちは、無条件で拳銃を使用できるのだ。彼らは信念に従い、悪と判断したターゲットに弾丸を撃ち込む!!埼玉、群馬、富山(漫画版オリジナル)の「トリガー」編を完全収録。
トリガー(3)
近未来の日本…。日本は国王制となり「射殺許可法」が制定された。各都道府県に1名ずつ配置された「トリガー」たちは、無条件で拳銃を使用することを許可される。それぞれの「トリガー」たちは、己の信念に従い《悪》と判断したターゲットに弾丸を打ち込む!第3巻には、愛知県と神奈川県のトリガーのエピソードを収録。
トリガー(4)
インパルス・板倉俊之が書いた話題の小説を、迫力のビジュアルでコミック化!近未来の日本…。日本は国王制となり「射殺許可法」が制定された。各都道府県に1名ずつ配置された「トリガー」たちは、無条件で拳銃を使用することを許可される。それぞれの「トリガー」たちは、己の信念に従い《悪》と判断したターゲットに弾丸を打ち込む!!第4巻には、漫画版のために板倉俊之が書き下ろした「大阪」「山口」をはじめ「宮城」のエピソードが完全収録。さらにコミックス第1巻に登場した「千葉」のトリガーが再登場するエピソードも掲載。
トリガー(5)
インパルス・板倉俊之の大ヒット小説を迫力のビジュアルで完全コミック化!既刊本に描かれていたトリガーも再登場し、シリーズ完結巻は衝撃と感動の結末!!『沢田隆則編』――コミックス第4巻のラストで、千葉県のトリガーである吉岡になりかわった沢田隆則が、「トリガー」という権力を使い、私利私欲のままに凶悪な行為を繰り返す…。そんな中、国王は思慮の上、最後の手段をとろうとするが…。『村川哲男編』――平凡な暮らしをしていた村川哲男だったが、ある日、息子が東京都の「トリガー」に殺され、人生が大きく変わる。家族、生きがい…すべてを失った村川はある決意をする。それは東京都の「トリガー」に応募することだった。見事、東京都の「トリガー」に任命された村川は、新年を迎え正式に「トリガー」になると、息子の仇をとるため家を出る…。そして、最終話では、このトリガーという作品の強烈なテーマが描かれる。それはまさに衝撃と感動の結末!