icon_reread
また読みたい
フォロー
とりぱん(1)
少し変わってて、少しクールで、割と背が高い、北の町に住んでるイトコからの手紙――そんなような漫画です。東北の某ベッドタウン在住の作者(30代・独身・女)が、野鳥、ネコ、風物、方言、地元料理など“日常”のすべてをネタに綴る「身の丈ワイルドライフ」。読む者の自然観をへにゃりと揺るがすモーニングの人気連載作。かわぐちかいじ・さだやす圭、両審査員が激賞した第17回MANGAOPEN大賞作品も完全収録!
とりぱん(2)
君のことは、たぶん一生、忘れない。短い間の、ちょっとした付き合いだったけど――――。「素敵だ!」「気持ち悪い!」と賛否両論の嵐を巻き起こした「カマキリかまさん編」を完全収録。そして、巻頭の「とりぱん写真館」では、アオゲラ・ポンちゃんや猫のミーちゃんの雄姿が拝めます!自分の自然観と比べてみると、なお楽しい。“日常”のすべてをネタに綴られる北東北ベッドタウン・身の丈ワイルドライフ!
とりぱん(3)
一人暮らしの(週刊連載)漫画家が、家賃が激安だからと50坪の庭がある仕事場を借り、すべて家庭菜園にしたら……どうなるか?漫画界・文学界・バードウォッチング界が絶賛!東北ベッドタウン発・身の丈ワイルドライフ。そして巻末に芥川賞受賞作家・絲山秋子氏とのスペシャル対談を収録。「とりのさんの漫画には詩があること、季節と色、そして沈黙が見事に描かれている」と絶賛する絲山氏との対談は必読です!!
とりぱん(4)
この漫画は焙じ茶に合います。東北のベッドタウン、50坪の菜園がある借家で一人暮らしの作者が、野鳥・犬猫から季節の風物まで、日常のすべてをネタに綴る“身の丈ワイルドライフ”。お茶うけに、1冊いかがですか。エサ台で巻き起こる『とりぱん』史上最高のドタバタ活劇や若冲展に“お呼ばれ”した京都旅行編など、名場面豊作の第4巻!巻末には、おたよりコーナーも。読者から寄せられたリアルなエピソードが満載です!!
とりぱん(5)
作者が時々立ち寄る自然観察施設で保護されたヒヨドリのヒナ“ヒヨちゃん”は人なつっこい性格で、たちまち職員や常連のアイドルに。ずっとここにいると、みんなが思いはじめていたのだけれど……。野鳥のヒナなんか、拾うもんじゃない。野生のものの目を、のぞき込んではならない。あの「カマキリかまさん編」(第2巻収録)以来の反響を呼んだ“せつないとりぱん”――――「ヒヨちゃん編」を収録。巻頭には家庭菜園の写真掲載。
とりぱん(6)
おなじみのヒヨドリやツグミ、ハクチョウ、猫などの面々に加え、トンビやフクロウが登場。フクロウなどは、その子育てを見に、わざわざ山の上のリンゴ園まで遠出しました。他にも、リスやニホンカモシカ……何故かクリオネまで。流氷の天使・クリオネにいたっては、スーパーの魚の切り身の横で売られていて……!?おまけ漫画には、とりの氏が出会った漫画家さんたちも出演!盛りだくさんの6冊めです。
とりぱん(7)
前略、引っ越しました。理由は風呂です。前の仕事場から数百mしか離れてない場所ですが、越したら越したで色々と……。引っ越し先のエサ台では、牛脂の減りが異常に早い。そのため補充が追いつかず、急きょ豚の背脂を置いてみることにした作者だが、常連の鳥たちの反応はいかに……!?かわいいタヌキやカッコウも初登場。障子の貼り方まで学べる大好評の北東北ベッドタウン・身の丈ワイルドライフ、7冊め!
とりぱん(8)
そういえば今年、蝙蝠を見たっけ。双眼鏡や顕微鏡がなくても、見上げれば「自然」はそこにあったりする……おなじみ北東北ベッドタウン・身の丈ワイルドライフ。高尾山編やヒヨドリのヒナ3兄弟、空飛ぶ鯉のぼりなど盛りだくさん!真夏の夜の幻夢。それに続く悪夢(バイオハザード)……あの、「マイマイガ大発生事件」迫真のルポを収録!単行本名物「おたよりコーナー」は質量ともに史上最高の充実度です!!
とりぱん(9)
猫をたくさん撫でた日。豆を煮た日。車の中でスズメバチと二人きりになっちゃった日。――――穏やかで、かつ冒険に満ちた「日常」という時間。野鳥はもちろん、熊やトンボやその他も登場。あなたの自然観を“へにゃり”と揺るがす北東北ベッドタウン・身の丈ワイルドライフ!そして、バカで淋しがり屋で、時々凶暴だったけど、忘れ得ぬ1頭の犬の思い出「ジョンのこと」ほか、描き下ろし漫画計18p収録。
とりぱん(10)
トマト・バジル・ササゲ・枝豆と、2010年の夏は畑が大豊作!でも作者の家庭菜園には、一つ大きな問題があったのです……。時々「魚ぱん」、たまーに「虫ぱん」、結構「猫ぱん」。もちろん野鳥ネタはたっぷり。描き下ろし漫画(カラー口絵含む)もドーンと22p入った、おなじみ北東北ベッドタウン・身の丈ワイルドライフ10冊め!!「裏話が読みたい」との要望に応えて、「メイキングオブとりぱん」も収録!