また読みたい
フォロー
平凡な家庭生活を営む平凡なサラリーマン…それが自分の人生だと思い、今まで暮らしてきた的場洋介。それが最近、「平凡の下」にまで落ちつつあり、かつての夢や希望は遠くなってしまった。そんなある日、洋介は10年前に離婚した元妻・知華子と偶然再会する。知華子は洋介が住んでいるとは知らず、同じ駅のマンションに引っ越してきたのだった…。恋愛の達人・サイモンが家族のカタチを問う、新しい「家族の形」を探る話題作!!
祖父母の元で暮らしてみないか、という洋介の言葉を誤解し、家出して知華子の編集部に押しかけてしまった翔太。洋介は急いで引き取りに行くが、翔太が小さな心を痛め続けていたことを知る。翌日、知華子は仕事で、不倫相手だったカメラマンの根津と再会。そして、未だに未練を残している自分に気づく…。
知華子の家で主夫業を受け持ちながら、再就職活動を始めた洋介。そして、介護業界に興味を持った彼は、知華子の部下でホームヘルパーの資格を持つ青年・久木田を紹介してもらう。ところが、その帰り道、久木田に洋介たち3人の暮らしを知られてしまう…。
知華子の恋人・久木田のことも考えると、早く仕事を見つけて引越ししなければと焦る毎日だが、ふとしたことから久木田が3人で暮らそうと提案してきた。また、洋介はヘルパーの資格を取るために施設実習に行くが、そこで自分はヘルパーに向かないと痛感させられてしまう。離婚、リストラ…。時代の波をモロに受けた男は、どこへ辿り着くのか…!?