07/13(月)まで
読める!
reread
また読みたい
フォロー
新しい足で駆け抜けろ。(1)
東京2020目前! 100mパラアスリート 菊里は、左脚を失い義足生活の日々を送る高校生。中学生までサッカー部のエースストライカーだった彼は、強豪校に進学してもボールに触れることもなく年下のクラスメイトからも距離を置かれる日々だった。しかし―― ややうさんくさい義肢装具士の千鳥によって競技用の義足と出会い パラパスリートになることを決意する。その千鳥から渋谷のイベントに誘われた菊里だったが訪れた渋谷の路上にはなんと60mのトラックが!? そして自分と同じ大腿義足で同世代のパラアスリートと走ることに―― “新しい”第一歩を走り出した菊里の再生と歓喜の物語は加速する――!!
新しい足で駆け抜けろ。(2)
東京2020必読のパラアスリート漫画! 菊里は、左脚を失い義足生活の日々を送る高校生。ややうさんくさい義肢装具士の千鳥によって競技用の義足と出会いパラパスリートになることを決意した。衰えた身体を、再び“走る”身体にするために陸上部に入ろうとする菊里だったが彼を面白く思わないサッカー部時代の旧友、義足の彼にどう接していいか戸惑う陸上部員たち、彼を守ろうとするあまり入部を許さない母親と立ちはだかる困難。簡単には速くなれない現実に、気が急く菊里の前に再び現れた千鳥は“道場破り”を提案し――!? 少年の再生と歓喜の物語はさらに加速する!!
新しい足で駆け抜けろ。(3)
東京2020延期!義足の高校生は…? 義足の高校生・菊里はパラリンピック出場者の堂島と出会い、パラアスリートで初めて憧れの選手、そして大人を知る。しかし、相棒である義肢装具士の千鳥が堂島と過去の因縁があったことが明かされる。一方、中学生の頃からの親友でサッカー部仲間の武川はサッカー部顧問から退部を勧められ、一年前の菊里が事故に遭った日々から今までを振り返るが… そして、新型コロナウイルスのために諸大会が中止になってしまった山ヶ峰高校陸上部の面々たち。失った左足を競技用の義足で走り始めた高校生男子の葛藤・衝突・成長―― 少年の再生と歓喜の物語は止まらない!!