icon_reread
また読みたい
フォロー
YOU’LL NEVER…(1)
俺は誰ともツルまねえ。孤独を宣言する主人公蒼木だが、彼は非常に高い運動力を持っていた。サッカーと暴力でしか自分を表現できない孤高の男子高校生の熱血スポーツアクションコミック
YOU’LL NEVER…(2)
インターハイ地区予選をまじかに控えたある日の土曜日、迅耀サッカー部は紅白戦をしていた。主将室井は2年生の成長を感じながらも、ベストメンバーでの経験の少なさに不安をいだいていた。そんな時目の前に慶徳サッカー部が現れる。それぞれの思惑は違う中、慶徳高との練習試合が始まった。開始序盤からペースを慶徳に握られるが…
YOU’LL NEVER…(3)
ついに始まるインターハイ埼玉県予選 完全アウェーでの初戦、慶徳との練習試合の勢いそのまま積極的に攻める迅耀サッカー部だが…
YOU’LL NEVER…(4)
インターハイ予選の第1試合、完全アウェーの中、先制するものの試合終盤に追いつかれ同点で終わってしまう。気持ちを切り替え臨んだ第2試合、相手の城和高校のラフプレーに翻弄させる迅耀イレブンたち
YOU’LL NEVER…(5)
インターハイ予選突破を目指す中、一節、二節と勝ち点を奪うことができずにいた。チームの要であるマコが怪我で出場できない中、何とか勝ち点が欲しい迅耀イレブンは三節へと挑むが…
YOU’LL NEVER…(6)
インターハイ予選グループで勝利をつかめずにいる迅耀イレブン。臨む第四節、キャプテンの室井は蒼木の言葉に集中を切らし痛恨のミスを犯してしまう。一方、蒼木たち「ケロヨンクロウ」のもとに太田軍団が駆け込んできて―― 二つのストーリーがついに交わり始める
YOU’LL NEVER…(7)
迅耀高校制覇を企む太田のたくらみで三洋商との対立が激しくなったケロヨンクロウ。捕まってしまった蒼木を救うために三洋商の頭、中鉢が出した要求は室井を連れてくること。サッカー部の主将として問題を起こすわけにはいかないが昼本が参戦すると聞き、一人中鉢のもとへ向かう室井。一方サッカー部は第五節、引き分けすらも許されない戦いが始まる――
YOU’LL NEVER…(8)
三洋商に捕まった蒼木を救うため、そしてこれ以上大事になることを恐れた室井は三洋商の頭である中鉢とのタイマンに勝利し、このいざこざに終止符を打った。そしてサッカー部は第五節、里見東戦、六節の登杉戦と連勝しホームで行われる最終第七節を迎える。ここで勝った方が決勝トーナメントに進出する運命の一戦。その試合を遠くから見つめる蒼木の姿が――