icon_reread
また読みたい
フォロー
山怪 壱 阿仁マタギの山
山の怪談ブームの火付役である『山怪 山人が語る不思議な話』、待望の漫画化です。多くの人々を魅了する、恐いだけじゃない原作の味わい深さを本作が漫画デビューとなる墨絵師・五十嵐晃が見事に描き尽くします。狐火があふれる地・なぜか全裸で・楽しい夜店・生臭いものが好き・見える人と見えない人・狸は音だけで満足する・消えた青い池・辿り着かない道・汚れた御札・白銀の怪物ほか、全17篇を収録。
山怪 弐 不死身の白鹿
怖い。懐かしい。優しい。恐ろしい。山の怪談ブームの火付役である『山怪 山人が語る不思議な話』、墨絵師・五十嵐晃による待望のコミック第2弾です!! ・峻険な山へ消えた「少女たち」 ・山小屋に現れた「ナニカ」 ・十四発の弾丸を受けても死なない「白い鹿」 ・山道に突然現れた「小さな人」ほか ――――――山で起こった怪異譚15篇を収録。雲をつかむようでオチのない話だってある。それでも山人たちに連綿と語り継がれてきた「語り遺産」には誰もが耳を傾けずにはいられない。墨の濃淡で描かれた世界の先にある「怪」を味わってください。