あらすじ

「だって先輩のこと好きなんだもん!」茜は一方的に触られるだけじゃなく、竜樹と一緒に気持ちよくなりたいと提案するのだが…!