あらすじ

「またおいてけぼりにした!」いつも自分ばかり恥ずかしい思いをするのは嫌だと、茜は竜樹が寝ている隙に触ろうとするのだが…!