あらすじ

亜大類人(あだると)との戦いで倒れた小類人(ちゃいるど)・雛形平次は、亜大類人(あだると)の研究施設に運び込まれる。そこでは滅び行く人類の運命に抗うため、DNAの謎を解こうと遺伝子実験が繰り返されていた……。雛形平次だけが持つ生命の力と、遺伝子実験の果てに生まれた終わりの子・淵島幽子が出会ったとき、最後の創世記が始まる。