icon_reread
また読みたい
フォロー
真・机上の九龍 上巻
2000年代中期、東京“ネオ九龍”を舞台にした超感覚のSFサスペンスコミック! 机田九は、“探し屋”。人類絶滅を企んだマッドサイエンティスト・モロ博士によって作られたクローン生物、ウサギのラビに育てられた。欲望と終焉の街“ネオ九龍”で、あらゆるものを探し出す九に、今日も、事件、因果、謎や陰謀がつきまとう。どんな状況でも微笑みを忘れない彼に導かれ、依頼者が見つけるものは……!?
真・机上の九龍 中巻
2000年代中期、東京“ネオ九龍”を舞台にした超感覚のSFサスペンスコミック! 机田九は、クローン生物・ラビによって育てられた“探し屋”。記憶をなくした男、ジェシー・大倉からの依頼は、なんと九の母親を惨殺した“九龍リッパー”に繋がっていた! 十二年前、次々と娼婦を殺害し、ネオ九龍を震撼させた“九龍リッパー”。唯一の目撃者である少女ローラは、そのショックで、今も眠り続けているという……。
真・机上の九龍 下巻
2000年代中期、東京“ネオ九龍”を舞台にした超感覚のSFサスペンスコミック! 机田九は、“探し屋”。クローン生物・ウサギのラビによって育てられた。ついに目覚めた“九龍リッパー”唯一の目撃者、眠り姫ローラ。しかし、謎は深まるばかり。複雑に絡まるジグソーから次第に浮かび上がってゆく、九の出生の秘密。“九龍リッパー”の正体とは? そして特別保護クローンの存在意義とは? 終焉の終焉で何かが始まる?!