あらすじ

熱っぽい目で見てくる倉持に、帰宅した途端押し倒された松井。ノンケのはずなのに倉持が相手だとなぜか流されそうになってしまう。翌日、このままじゃ駄目だと危機感を感じた松井は自分から倉持を引き離す作戦を練る。それはゲイバーに連れていくことで…。するとその店に入り浸るようになった倉持は、松井の部屋にぱったり来なくなる。さらにある日、倉持の部屋から男の声が聞こえ…!? 作戦はうまくいったはずなのに、松井はなぜか喜べなくて――。