icon_reread
また読みたい
フォロー
俺の空 三四郎編(1) モンゴル-蒼天に飛ぶ-
日本屈指の大コンツェルン安田財閥の若き総帥・安田一平は、腹違いの姉の通夜で甥にあたる姉の子・三四郎と出会う。三四郎は古武道の師範だった父が17年の歳月をかけ自らに託したものを確かめようと、全日本柔道選手権大会に出場する。見事一本を取ったかに見えたが、禁じ手により一回戦で敗退。旅に出る決意を固めた三四郎の元を、全日本柔道選手権で優勝した山下作太郎が訪れ勝負を挑むが……。本宮ひろ志が“男”のあるべき姿を自由奔放に描いた人気シリーズ『俺の空』。その第3弾が、いよいよ開幕!!
俺の空 三四郎編(2) アメリカ-星降る大地-
父と母の遺骨をモンゴルの大地に撒いた三四郎は、父の友人・ヒギンズを訪ねてアメリカへと渡る。ヒギンズとアメリカのハイスクールへ通う約束を交わしていたためだ。しかし、そのヒギンズは3年前に他界し、現在は、ヒギンズの遺した資産を妻が一人で管理していた。オリバー校に入学した三四郎だったが、そこは白人と黒人、メキシカンが互いに争い合う学校だった。農場で白人のマイクに絡まれているメキシコ系の女性・マリアンを助けた三四郎は、その仲間であるスタンから因縁をつけられるが……。
俺の空 三四郎編(3) アメリカ-荒野の果て-
オリバー校の誇りでもあるフットボールチームのリーダー・ジムの恋人ステラに一目惚れした三四郎。「君と…寝たい……」と言う三四郎を初めは歯牙にもかけなかったステラだが、次第にその純粋で大きな心に惹かれ、2人はついに結ばれる。ステラを別人のように変えてしまった三四郎に、心中穏やかではないジムは、1対1での勝負を三四郎に挑むが……。アメリカに渡り、人間としての器の大きさを見せる三四郎。その旅路はまだ始まったばかり!!
俺の空 三四郎編(4) 地球の掟-汚濁の大地-
アメリカを後にし、アラスカにやってきた三四郎の元に、叔父・安田一平を乗せた旅客機が爆発し、ロッキー山中に墜落したという悲報が届く。一平の遺言により、安田財閥の後継者に指名された三四郎だが……。時を同じくして、神戸では関西の極道を一つにまとめあげた本城が、吉龍会を蔵に譲ろうとしていた。人間としての器の大きさを描いてきた『俺の空』シリーズが、環境破壊をモチーフについに地球外に飛び出す!!
俺の空 三四郎編(5) 地球の掟-ノアの方舟(はこぶね)-
安田一平が搭乗した旅客機が爆破された本当の理由は、全世界の政府と経済界に君臨する超権力集団・ローテンシルデ一族による陰謀だった!?環境破壊が進む地球を守る選択肢としてローテンシルデ一族から三四郎に用意されたのは、地球環境を守るため人類という種の個体数を適正値まで減らすという選択肢だった。そのためのUFOシミュレーションを受ける三四郎は……。誰にも予想できない大胆な物語を展開する『俺の空三四郎編』、怒涛の第1部完結編!!
俺の空 三四郎編(6) 陰流-武道都市-
全世界の政府と経済界に君臨する超権力集団・ローテンシルデ一族によるUFOシミュレーションを経た三四郎は、より世界のことを知りたいと思うようになり再び旅に出る。途中、モンゴルで懐かしい愛馬・ホルダンとセレンゲと再会。セレンゲの夫であるスチンがモンゴル相撲ホブスコル地区で優勝し、その大会を観覧していた興行師からモスクワでの勝負を持ちかけられロシアへと向かったことを知らされる。その後の行方が分からないスチンを捜すためロシアへと向かうが……。三四郎が父親から受け継いだ揚心流、その核心に迫る第6弾!!
俺の空 三四郎編(7) 陰流-陰と陽-
行方不明のスチンの足取りを追って、ロシア・トルクメン共和国のターリンを訪れた安田三四郎。そこは世界中から格闘に自信のある人間が集まり、年に1度、世界一を決める武道会が行われる場所だった。1回戦でロサンゼルス・サウスセントラル地区のストリートファイター、ディック・モーリスを倒した三四郎。2回戦の相手・ハーンの前に幼馴染みの沢田京太郎が飛び入りで参戦し……。京太郎と三四郎、2人は陰流3000年の流れを賭け、ここに激突する!!
俺の空 三四郎編(8) 安田三四郎-当主誕生-
揚心陰流と揚心陽流、それぞれの宿命を背負い激突する京太郎と三四郎。2人の死闘は佳境を迎え、京太郎の放った気砲が三四郎を直撃!!闘技場の壁に吹き飛ばれた三四郎だが……。陰と陽、合一の果てに何があるのか?そして三四郎が旅路の果てに辿り着いた結論とは?『俺の空三四郎編』、堂々の完結!!