icon_reread
また読みたい
フォロー
ト或ル夫婦ノ日乗 (1)
時は大正期――藤棚家にお嫁にやってきた少女・いぬさんは、文筆家の夫・遥さんとひとつ屋根の下で暮らしています。初めて顔を合わせた祝言の日にも床下に閉じこもるような夫の極端な人見知りに戸惑うこともしばしばですが、一方で西国出身には珍しい「雪」や「富士の山」といった、うつくしい景色を見せてもらう生活を続けるうちに、存外に懐の広い夫だと思うようになったのです。新米夫婦の、健気で愛くるしい日乗・第1巻。★単行本カバー下画像収録★
ト或ル夫婦ノ日乗 (2)
時は大正期―――きぬさんが西国より藤棚家に嫁入りしてはや1年。文筆家の夫・遥さんとは相変わらず仲睦まじく過ごす日々です。無精者の夫ではありますが、舶来の「ライスカレー」や「珈琲」「貯古齢糖」といった真新しい文化はおしげもなく共有してくれるのです。一方で家庭の味というものに飢えているようで、ふるまうと殊のほかよろこんでくれる姿は毎日の楽しみのひとつとなっています。新米夫婦の、健気で愛くるしい日乗・第2巻。雑誌掲載時のカラーページを完全補完した、電子だけの特別版にてお届けします!★単行本カバー下画像収録★