きみが死ぬまで恋をしたい

あおのなち

ここでも話されています