思考が天使に相応しくないため堕天してしまったメロ。しかし神の使いである証の「額の刻印」がまだあったため追放は免れる。そしてできるだけたくさんの人間を救済し、天使の心を取り戻すよう命じられ、妹のいじめによる自殺の恨みでいじめ主犯の生徒を殺そうとする青年のもとへ降りていきます。
メロは状況を鑑みて殺人を未然に防ぐことに成功するが…なんとも言えない結末が待っていた。救いとは何なのか?本当に自分は人間を救えたのか?メロはもやもやしたまま、天使に返り咲くため、人間を救済していく。。

本当の救済とはなにか?堕天使が天使に返り咲くために奔走するにコメントする
user_private
『ヘブンの天秤』の話をしよう!
📝感想を書く❓質問する☕雑談する
クチコミ総合へ