数字が大好き12歳のソフィーは「どうして雪は六角形なのか」を考えるのに夢中になり、雪の積もる地べたに数式を書き始めてしまうような女の子。

18世紀という時代ゆえ、こんなにも才能に溢れているのに女の子であるというだけでソフィーに学問の道は開かれていないのが辛いですね…。

調べてみたところ数学の世界には「ソフィー・ジェルマン素数」というものがあるそうで、厳しい時代に生まれながらソフィーが研究を諦めなかったことがわかります。

今後、物語の中でどんなふうに彼女が数学を究めていくのか楽しみです!

入学できてよかった!これからはアントワーヌ・ルブランという名前で過ごすのかー
国立学校編楽しみ(テオちゃんとサポートしろよな)

あの商会の女の人の真意が知りたいわ。
女として堂々と働いてる方からすると、ああやって信用損ねる行いをされるのは不快だったのか…

女の敵は女」みたいな底の浅い理由であってほしくないな

ガウスってドイツの数学者なんだな
wikiとか見る限りだとフランスに滞在してたことはないのか

18世紀の女性数学者ソフィー・ジェルマンの物語にコメントする
『天球のハルモニア』の話をしよう!
📝感想を書く❓質問する☕雑談する
クチコミをもっとみる