🔔10月のマンバの配信は「1巻応援」
一番下のコメントへ

教養が爆上がりしそうなお話でした。

この読切は簡単に言うと「フランスに11〜13世紀に存在したリュジニャン家の始祖は龍女と結婚して10人の子供をもうけた」という伝承についてなのですが、とにかく話の構成がすごい。

山岸先生が登場

《世界で最も高価&美しい本》である『ベリー公のいとも豪華なる時祷書』を語る

ベリー公
ジャンヌによって体感されたシャルル7世の大叔父

その本にはドラゴンが描かれている

ドラゴンといえばリュジニャン家

リュジニャン家のお話

『ベリー公のいとも豪華なる時祷書』の最後の持ち主はヨランド・ダラゴン

マジカルバナナっぽいというか、Wikipediaから抜け出せなくなったときってこうなるよねって感じというか。
最初はこれはいったい何のお話なんだと困惑しました(笑)

レベレーションの登場人物やら何やら様々なものを絡めつつ、小難しすぎずユーモアも交えて(途中いきなりぶっこまれた電子書籍の宣伝が好き)絶妙にまとめ上げられていて素晴らしかったです。

コメントする
icon_reread
また読みたい
フォロー
icon_book
1巻を試し読み