一番下のコメントへ

主人公は死亡の24時間前に死亡予告書(通称「イキガミ」)を配達する区役所の職員をしている。すべての国民が小学校の入学時にとある予防注射を受けることが義務付けられていて、接種した1000人に1人が18歳〜24歳までの間に死亡してしまうが、これは国民に命の価値を再認識させる為の「国家繁栄維持法」というれっきとした法律なのである。もし死亡するまでの間にヤケになって犯罪をしてしまった場合は遺族が代わりに償わなければならない。もちろん「国繁遺族年金」の受給資格も剥奪されるし、周りからは「退廃思想者の家族」として認識されてしまう。

続編の「イキガミ再臨」が始まったので読んでみました。分かっていても罪のない人が死んでいくのは毎回しんどいものですね。そういうヒューマンドラマの一種なんだと思っていたら、最終的にすごく規模が大きい話になったので夢中になりました。この続きを読めるってすごいな!亡命した主人公が続編に登場しすることもあり得ますよね。そしたら今度こそ革命が起こるのだろうか…。

コメントする
icon_reread
また読みたい
フォロー