2年の関東大会、中山畜産戦。
県大会成績のプリントミスを利用し、0割5分打者を
6割打者に見せたり、短気な里中を揺さぶって2点を奪う。
更には変則フォーム投手で明訓打線を封じ、真のエース
三塁で温存、最後は肩を負傷した四番が代打でホームランと
意外性と正攻法が嚙み合った面白い試合でした。

……只、これ以降は凡戦ばかりで力尽きた感があるのは、
水島先生の心は既に大甲子園に飛んでいたんだろうなあ。

2年夏の白新戦。
超遅球を身に付け、山田を完璧に封じる不知火。
付け入るスキがないと思いきやの延長10回、明訓の攻撃。
伝説とも言える『ルールブックの盲点』からの得点。
今でも高校野球で類似のケースがあると必ず引き合いに
出されるほどです。
 

user_private
名無し塾

水島野球漫画といえば「一球さん」もお勧め
します。 中でも「巨人学園 対 弁強高校戦」
これがなかなか示唆に富んだ名勝負なのです。

名門巨人学園の一軍レギュラー全員が 食中毒に
かかって出場できなくなり、巨人学園は二軍と
野球をまだよく知らない一球さんだけとなる。
一方の弁強学園は 勉強ばかりの進学校で、頭は
良いが弱小チーム。
という訳で、変な意味で互角の戦いとなる。

が、巨人学園はリードされて9回裏2アウトまで
来てしまう。
ここで弁強高校は 名門校を破って初勝利という
ことで 緊張でガチガチになっていく。
対する巨人学園も 弱小校に初戦で敗れては恥だと
こちらもガチガチに。
両校選手監督みんなガチガチの石になっていくのだ。

そんな中、只一人ガチガチにならないのが一球さん!
自然体を貫き、皆に喝!を与えながらリラックス
させていく。
一方の弁強高校は 石のままでエラーが相次ぎ、逆転
されてしまうのだった。
選手が土壇場で石になっていく、この思い切った描写
での試合展開の面白さは マンガ史に残ると思います。

また、そもそも主力選手全員が食中毒で出れないなんて
何という設定なのだ、これは有り得ないだろうと思って
いました。
しかし、最近のコロナ禍で 陽性者続出となれば、起り
得る話になってきます。 そんなとんでもない事態をも
水島作品は描いていたのかと思うのです。

草野球チームの現場から直に伝わる感性が、マンガに
生きている、改めて水島野球漫画偉大なりと思います。

名勝負といえば?にコメントする
『ドカベン』の話をしよう!
📝感想を書く❓質問する☕雑談する
クチコミ総合へ