イオンがとにかく好きなのだ。

一番下のコメントへ

くらげバンチにおける「裸のマオ裸のマオ」や「あつい皮膚あつい皮膚」などの読切で漫画読みの度肝を抜き続けてきたもぐこんもぐこんさんのデビュー作です。

空気感や体温、手触りまで伝わってくるようなあの丁寧なタッチは既にこの時点で確立していて、
のちの作品では使わなくなったトーンが一部使われているのが興味深かったです。空間を意識した画面作りには宮崎夏次系宮崎夏次系さん、を思いだす人も多いかも

変人扱いされつつもイオンモールを堪能する主人公。この広々とした建築空間に向けるマニアックさをうまくエッセイ漫画風に料理しており、
イオンがとにかく好きなんですよという楽しさが伝わってきて愉快になりました

ここすき

コメントする
icon_reread
また読みたい
フォロー